nymphomaniac

映画

エロすぎる映画『ニンフォマニアック』の【無修正】がすごい・・・

今回ご紹介する映画は『ニンフォマニアック Vol.1 Vol.2』です。

デンマーク出身の巨匠、ラース・フォン・トリアー監督が描くエロス。

“ニンフォマニアック(色情狂)”を名乗る女性のセックスに満ちあふれた半生をVol.1とVol.2の2部で描く巨編です。

こちらの映画、日本公開版も十分にエロいのですが、本国の無修正版がとんでもないことになっているのです…。

\ 5万本のAVが見放題 /

今すぐU-NEXTでAVをみる

※31日以内の解約で一切お金がかかりません

『ニンフォマニアック』の作品情報とあらすじ

nymphomaniac

(C)2013 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31 APS, ZENTROPA INTERNATIONAL KOLN, SLOT MACHINE, ZENTROPA INTERNATIONAL FRANCE, CAVIAR, ZENBELGIE, ARTE FRANCE CINEMA

作品情報

タイトルニンフォマニアック
監督ラース・フォン・トリアー
出演シャルロット・ゲンスブール
ジョンステラン・スカルスガルド
製作年2013年
上映時間117分(Vol.1)
123分(Vol.2)

ラース・フォン・トリアーはデンマーク出身の映画監督です。

世界のデンマーク映画に対する関心を引き寄せた立役者とも言われています。

過激な表現をすることもあり、作品を発表するたび賛否両論を引き起こしています。

天使ちゃん
本作は、2009年の『アンチクライスト』、2011年『メランコリア』に続いて、“鬱三部作”と呼ばれているよ!

あらすじ

雪が降るある夜、道端に倒れている女性ジョーを助けた年配の男セリグマン。彼女を招き入れ怪我を治すと、ジョーは自分の半生を語り始めます。

幼少期から性に目覚めて、青年期を通してどんどん性にのめり込んでいくジョー。

彼女は無数の男たちと体を重ねていく─。

Vol.1では幼少期から青年期を、Vol.2では後半生を、それぞれエロスに生きたジョーを描きます。

ニンフォマニアックの意味とは

nymphomaniac_01

(C)2013 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31 APS, ZENTROPA INTERNATIONAL KOLN, SLOT MACHINE, ZENTROPA INTERNATIONAL FRANCE, CAVIAR, ZENBELGIE, ARTE FRANCE CINEMA

本作のタイトルでもある、「ニンフォマニアック」とは、「色情狂」という意味

つまり、性に対する欲望が異常な人のことを指します。

実際、主人公の女性ジョーは無数の男たちと体を重ねていきます。

日本公開版は当然のことながらモザイク処理されていますが、オリジナルはもちろん無修正となっています。

その【無修正】版がヤバいんです。

一切の妥協がなく堂々と映しているのは、さすが巨匠というべきでした。

そして驚くのは、撮影した本国デンマークでは無修正版がテレビで普通に放送されていること。

コンプラばかり叫ばれる日本とは、性に対する認識が全然違いますね。

無修正版は、以下の輸入盤からどうぞ。

※以下では、映画のネタバレに触れていますので注意してください。

【ネタバレ感想】映画『ニンフォマニアック』のエロさ

Nymphomaniac_02

(C)2013 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31 APS, ZENTROPA INTERNATIONAL KOLN, SLOT MACHINE, ZENTROPA INTERNATIONAL FRANCE, CAVIAR, ZENBELGIE, ARTE FRANCE CINEMA

Vol. 1の概要

ボロボロになって道端で倒れていたジョーが助けられて、半生を振り返ることで始まる本作ですが、彼女を助けたセリグマンという男性がとても印象的。

性欲にまみれた彼女が語る凄まじい半生を、セリグマンは釣りやクラシック音楽、数学など、あらゆる表現で解説していくのです。

これが非常に哲学的で、エロを分析して読み解いていくのが斬新で面白い。

Vo.l 2の概要

ジョーは人生で唯一、心がときめいた男性であるジェロームとセックスをすることになります。

しかし、これまで奔放に性と向き合ってきたジョーの体は何も感じなくなっていたのでした。

それでも彼女の性欲が収まることはなく、ジェローム以外の男性ともセックスをするようになっていくのです。

黒人男性グループにセックスを持ちかけたり、極度のサディストの男性と特殊なプレイをしたり。

そして極め付けは、性を上手く使った借金取りにまでなってしまうのです。

色情狂についていけるか

性的描写と、それに対する知的で詩的なセリグマンの返しのセットが印象的なVol.1。

一方で、Vol.2ではジョーの奔放性が強まり、より一層ニンフォマニアックな姿を見せていきます。

『ニンフォマニアック』の中でも、とりわけ印象的だったのが以下のシーンです。

  • 黒人男性との3Pシーン
  • 借金取り立てシーン

黒人男性との3Pシーン

ジョーは、見ず知らずで言葉の通じない黒人男性2人をひっかけ、3Pセックスをするのですが、

何を話しているか分からない黒人2人のやりとりを聞きながら、ギンギンのイチモツが画面いっぱいに映し出されるのです。

天使ちゃん
さすがに驚いたよー。

借金取り立てシーン

ジョーは、次第に借金取り立て業もやるようになるのですが、その取り立て方法もかなり特殊。

脅しにも屈しない男性に対して、ジョーは、椅子に縛って性的な話を聞かせて勃起させるのです。

ある意味、分かりやすい降伏シーンとも言えますが、なんとジョーはその勃起したイチモツをフェラしてしまうのです。

天使ちゃん
もう無茶苦茶です…!

さらに、Vol.2の最後にはこれまたトンデモ展開を見せるので、普通の人がみたらドン引き間違いなしですね。

無修正で描く性表現の限界突破

Nymphomaniac_03

(C)2013 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31 APS, ZENTROPA INTERNATIONAL KOLN, SLOT MACHINE, ZENTROPA INTERNATIONAL FRANCE, CAVIAR, ZENBELGIE, ARTE FRANCE CINEMA

本作は、色情狂という性に奔放な主人公を描いただけあって、文字通り体を張った俳優陣の素晴らしい演技が光っていました。

実際にセックスをしていた

本作で驚くべきなのは、濡れ場シーンで実際にセックスしているということ。

ココがポイント

実際には、“ボディダブル”というスタントマンがいて、その方々がセックスをして俳優たちに当てているそうです。

さらには、現場で人口の女性器を制作し、それに対して俳優がセックスするという撮影方法も行っていたそう。

徹底したその描き方がリアルな映像を作り出していました。

Vol.1の青年期のジョーを演じたステイシー・マーティン、後半生のジョーを演じたシャルロット・ゲンズブール、そしてジェローム役のシャイア・ラブーフ

女優としてこの映画に出演することの大変さを強く感じます。

またVol.2で登場した当時10代のミア・ゴスは顔つきがかなり幼いこともあり、監督がギリギリのラインを攻めて表現していることが伝わってきました。

余談ですが、ミア・ゴスとシャイア・ラブーフはその後結婚したみたいです。

日本の性に対する表現について

冒頭にもお伝えしましたが、本作は日本公開版とオリジナル版で表現方法が違います。

それは、モザイクの有無

当然ながら、日本で公開されているものにはモザイク処理されています。

本国デンマークでは、テレビでも無修正版が放映されているというのに、日本では観ることはできません。

これは日本というお国柄なのでしかたありませんが、日本の性教育の遅れも感じてしまいますね。

オリジナル版が見たいという方は、以下の輸入盤からチェックしてみてください。

【まとめ】『ニンフォマニアック』はただのエロ映画ではない

巨匠、トリアー監督が描く性描写。

  • 性描写へのこだわり
  • 詩的で哲学的なエロ
  • 人によってはドン引きするかも
  • Vol.1とVol.2の二部構成

普通の映画じゃ物足りない人はぜひ見てみてください。

映画もAVも観たいならU-NEXTがおすすめ!

\ 5万本のAVが見放題 /

今すぐU-NEXTでAVをみる

※31日以内の解約で一切お金がかかりません

-映画